cream.jpg
TWTG original cream.jpg

​お下がりの鞄、お気に入りだった靴

​自分で手入れしてみる。

最初はちょっとした投資だけど、でもそんなに多くの道具が必要なわけじゃなくて、やってみると意外に楽しい

​頂きものの鞄や履かなくなった靴。

定期的に汚れを落として保湿すれば、綺麗に保つことが出来ます。
 

​実は、革製品のお手入れは、スキンケアにとても似ています。
 

色褪せてしまったのは古くなったからではなく、きちんとケア出来ていないからかもしれません。

​まず揃えたいのは、クリーナーとクリーム。

これは言わば、肌にとっての洗顔と保湿です。

綿の布※1 にクリーナーを少量とり、拭き取り化粧水の要領でサッと拭き上げてから、クリームを塗ります。

 

このとき、指で塗り広げてオーケー。

むしろ、指に付いても大丈夫な成分かどうかは、その商品の扱いやすさの目安になるかもしれません。※2

 色付けされていないナチュラルのクリームがあれば、色んなものに使えます。※3 

さらにクリームを均一に伸ばすには、豚毛ブラシが有効です。コシのある毛が、革にクリームを浸透させてくれます。

これはファンデーションブラシを使うと、メイクの仕上がりが格段に良くなるのに似ています。

最後に、綿の布で革の表面に残った余分なクリームを拭き取って、完成です。

工程を動画でご覧いただけます。コチラ

​クリーナー(コロンブス ツーフェイスローション)と弊社オリジナルクリーム(ナチュラル)で仕上げました

TWTG cream before after.jpg

​革が乾燥していて、細かいキズが目立つ

​保湿され、革本来の自然な艶がよみがえった

 ※1  基本的に使い捨てのため、いらなくなったTシャツ等をお使いください。

 ※2  刺激の強い溶剤は、特徴をしっかりと理解したうえで使用しないと、革にとっては負担になる可能性があります。

 ※3  靴は靴に似た色のクリームを使うのが基本ですが、色が見つからない場合は無色(ナチュラル)で問題ありません。
​肌や洋服に直接触れる鞄や財布等の小物は、色移りの心配があるため、原則として無色(ナチュラル)をご利用ください。